人事労務のコンサルティングやセカンドオピニオンもお任せ下さい。

03-3812-9581 メールでのお問合せ

相談時間:9:00~18:00  定休日:土曜日・日曜日・祝日

新着情報

雇止めのカギ握る前提条件

2016年09月07日 12時39分

有期労働契約が長期にわたって反復更新されることにより、
解雇権濫用法理(労働契約法16条)が類推適用されることになると、
雇止めは無期契約者の解雇と同じく「合理的な配慮」が求められる。
この混乱を防ぐため「今回の契約を最後に次回から契約しない」という不更新条項の出番となる。
しかしながら、就業規則等によって、同条項を規定しても自動的に適用されるわけではなく、
個々の労働者にその旨の「同意」を求め、合意解約が成立しないと、
当該「雇止め」は解雇権濫用とみなされる可能性が高い。

情報/労働新聞社

お気軽にお問合せください

03-3812-9581メールでのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00 定休日:土曜日・日曜日・祝日

ご相談はお気軽に

メールでご相談
03-3812-9581

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日

セミナー開催情報 メールマガジンのお申込みはこちら

業務内容

当事務所のご案内

社会保険労務士 川崎事務所

〒113-0033
東京都文京区本郷2-35-17
コート本郷303

03-3812-9581
企業経営では一言では言い尽くせない多くの課題が発生します。

社会保険労務士川崎事務所では、長年の経験と、専門知識に裏打ちされた実際的対応能力をもって、司法書士、行政書士等との提携により、質の高いワンストップ・サービスで、貴社の業績向上に繋がるサービスを提供します。

サイトの保護について

このサイトはSSLで暗号化通信されています。